新刊

東京オリンピック直前版 “中古ワンル-ムマンション”投資の秘訣!

初心者が「東京オリンピック」以降まで儲ける投資法

2年後に迫る“東京オリンピック” さらに需要が高まり現金購入可能な中古ワンル-ムマンション投資!堅実な投資法を伝授!

著者 芦沢 晃
ジャンル ビジネス
シリーズ 不動産・投資
出版年月日 2018/08/30
ISBN 9784341087111
判型・ページ数 4-6・236ページ
定価 本体1,550円+税
オリンピックの勢いも現実的に加速してきました。「街を歩けば外人にあたる」というくらい、これまでの日本とは大きな様変わりを遂げています。もちろんそれは、移住してきた方への住居や、いま話題の民泊(宿)を提供する、不動産投資の世界にも大きく影響することは言うまでもありません。

 特に、私が専門とする「中古ワンル-ムマンション」は、民泊やウィ-クリ-宿泊などにも、管理規模次第ではズバリこの需要にマッチしているのです。

 実は、私も執筆時には還暦を迎え、35年間のサラリ-マン生活を一区切りでき、ほぼ同時にアルツハイマ-病の母が急逝、18年間の老親介護も完了しました。息子も大学4年生を迎え、兼業大家収入の目的だった我が家の生活目標も一通り達成し、わが身をもって兼業大家の有益性を実験検証できたと言えそうです。


【著者略歴】

芦沢 晃(あしざわ あきら)
区分所有54室・兼業サラリ-マン大家

1958年、借家住まいのサラリ-マン家庭に生まれる。都内某大学大学院で電気工学を専攻。電気メ-カ-へ入社。
1989年、自宅中古マンションをロ-ンで購入、住替えで担保割れ売却不能、自己資金1500万円を失い全額借金となる。
自宅賃貸をきっかけに、手探りの不動産投資をスタ-ト。その後、中古賃貸マンションを1部屋ずつ時間をかけて現金投資。現在、都心~京浜地区を中心に区分分譲マンション53棟にて54室を運営中。大家歴23年、手取り家賃手残りは年間約2700万円となっている。
課長職を最後にリストラいより46歳で指名定年解雇。同年、某IT企業で再度、現役サラリ-マンエンジニアを継続。その後、某電気設備メ-カ-へ転進、55歳にして最前線の現役エンジニアへの復帰を果たす。
現在は、18年間に及ぶ母の介護が終了し、個人対会社での個別契約を結び、技術支援業務を継続する「働き方改革」の草分けにチャレンジ中。大家業、個人技術士業での講師や執筆も人気を博す。
著書に『最新版 中古1Rマンション堅実投資法』(ごま書房新社)、『お宝不動産セミナ-ブックサラリ-マン大家さんが本音で語る「中古マンション投資の極意」』(筑摩書房)ほか。DVD『不動産投資ノウハウ完全版「8つの戦略」DVD』(楽待)も好評。
新  章 東京オリンピック直前の最新「ワンル-ムマンション投資」事情&私の48室目~54室目の詳細
第 1章 区分投資で成功する条件とは?
第 2章 まず「スタンス」ありき
第 3章 東京オリンピック開催までの中古区分投資動向
第 4章 失敗から学んだ、正しい区分物件の価値基準
第 5章 自己資金をどうするか?
第 6章 どのル-トでどう探すか?
第 7章 大家さんスタ-ト・・・その前に
第 8章 管理組合の実態
第 9章 大規模修繕への先手対策
第10章 出口と売却の考え方
第11章 財政破綻と大地震に備える

SHOPPING ご注文

1,550円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加